塾のバイトの注意点とは

学習塾のタイプは2通ある

学力に自信がある人は、これまで培ってきた知識と経験を活かして、生徒に勉強を教える仕事を選ぶ事ができます。民間で生徒に勉強を指導する仕事としては、塾講師としての働き方が選べるでしょう。ただし、塾講師といっても、職場によって指導の傾向は異なる点を知っておく事が大切です。学習塾のバイトを選ぶ上で、塾における指導方針の例としては、進学塾があります。進学塾は、進学校への入学を目指して、高度な内容の勉強ができる塾です。有名な進学塾となれば、その仕事の報酬も高い傾向にあります。塾の講師のバイトで高額報酬を狙うのであれば、進学塾を選ぶことが有利です。成果が出るほどに、さらに報酬を高くする事も可能です。また一方で、基礎学力を伸ばすために指導する学習塾の例もあります。この学習塾での仕事では、分かりやすく学習内容を指導する事ができるかがポイントです。生徒の学習をサポートするため、理解を手助けすることにより、基礎的な学力アップを応援することができます。このような学習塾では、生徒のやる気をいかに引き出すかが課題となります。すぐにでも成果を実感したい!と思うタイプはこちらの塾には向かず、進学塾タイプの方がやる気がでるでしょう。学習能力を向上させる一番の方法は、生徒本人の勉強へのやる気を引き出すことです。成績が伸びない生徒は、勉強への理解力だけでなく意欲も不足している事が、問題の要因としてあります。そこで、生徒の勉強に対する意欲を引き出す事ができる塾の講師が、基礎的な指導を行なう学習塾には必要です。じっくりと生徒と向き合い少しずつ成長させていくのが好きな人にはおすすめです。自分がどちらの講師に向いているか把握した上で塾を選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です